6日間の東京滞在、1日目
東京滞在2日目:偶然にも程がある出来事
東京滞在2日目:人との出会い



ココナラの会社WelSelf.Incに行ってきました!



IMG 4507


ココナラとは、500円で色々なサービスを売り買いできるワンコインマーケットサービス。占い・恋愛相談からロゴの作成、クラウドソーシングまで様々なサービスが存在している。



かくゆう私も利用者。文字を書く依頼を受けたり、占いをお願いしたり。元々占い好きだけど、単価が高くてなかなかお願いできない自分にとって500円はかなり気軽で楽しめる。



文字の方はあまりに赤字すぎて停止してしまったのだけど、500円でもいいかなって思える文字のサービスを今も考え中。



というわけで、文字の依頼を受けてた時期に運営の方からご依頼頂き、その縁で、今回お会いすることに。



今回出迎えてくださったのは、ココナラの谷口さんと、インターンの廣川さん。基本的に私自身の話をするばかりで、あまりお二人の話を聴けなかったのが残念なのだけど、とても気さくにお話してくだり、楽しかったです。



左から、わたし谷口さん廣川さん
IMG 4520



と思ってたら、撮影してくださった方が10枚以上連写し始めて。笑
IMG 4521



自分が使ってるサービスの会社さんへのお伺いは実は初めて。わーわー言ってたら、ココナラステッカーいっぱいもらえました。お渡しした、色紙のお土産も喜んでもらえ、嬉しさ満載。それにしても、自分の分野で喜んでもらえるのはやっぱり嬉しい。ほんと幸せなことですね。




IT業界の方々御用達…?



昼から暇だったので、渋谷でうろうろしながら、「誰かおいしいご飯やさん教えてーお腹すいたー」ってツイッターで言ってたら、まさかの早川さんと初めましてすることになり。実は一度デザインのほうでお仕事させてもらったことがあった方なんですが、全てネット上でのやりとりだったので、実はまともに会話するのも初めて。



ほんとツイッターって便利ね。渋谷のオフィスで仕事をしてたらしく、駆けつけてきてくれました。有り難い…。というわけで、友人おすすめのカレー屋さんで、カレーを。



IMG 4524



早川さんとは今もそれぞれの担当である企画でご一緒していて、今後共お世話になりそうな予感満載で。一度会えてる分、なんか安心できるのがいいですね。やっぱり人には会いたい。



そして、フリーのWebデザイナー、ユミソラさんと優さんと合流。



場所はなんと!なんと!factory!!!



IT関係の人達がこぞって行くというfactoryに文字書きが行く機会なんて絶対ないと思ってたので、ちょっとわくわくしながら。



ユミソラさんとはお久しぶり、優さんとは初めまして。初めましてだったから優さんともっとお話したかったのだけど、時間の関係で優さんとは30分しかご一緒できず。本当に残念・・・



今回もユミソラさんのwinからのMacintosh移動だからこそのMacカスタムの話が面白くて。ずっとMacな私としては、カスタムをしないのが当たり前みたいになってるところがあって。かなり目から鱗の話がきける。ユミソラさんが使っていた簡易ペンタブは速攻購入。



ちなみにコレ↓

プリンストン マウスパッドタブレットPTB-MT2BK、4000円くらい




会うのは二回目だったけど、色々な分野について気にしてくれた事があったりしたので、個人的になついてしまっていて、とても喋りやすい。また談義きけたらいいなー。



最高の時間



この夜に会った人の事を言ったのは本当に数人で内緒にしているのだけど、本当に楽しみで楽しみで。未だにあの日は夢だったんじゃないかって。



誰に会ったかは今は言えないし、いつか言う機会があるかどうかすらわからないけど、本人は、そうだね、情熱大陸とかに出たら絶対言うんだよ。ご飯おごってもらったって。って笑いながら言ってた。



本当に本当に素敵な人達で、心から会えたことに、ご飯を食べれた事に幸せを感じつつ、嘘みたいで。でも、サインはしっかり私の手元にあって。今も見ながら、本当に会えたんだなあって。



いつか大物になれよ〜って言いながら、気をつけて帰るんだよって駅まで送り届けてくれて。



でも、いつか、大物ほどはいかなくても、少しは報告できるようなことがあればいいなって。憧れの人が、更に憧れになって。こんな夢みたいな事があるんだなって。



一番最初に個人的に連絡をした日から、もう半年以上か。未だに嘘みたいな本当の話。誰に会ったか言えないけれど、こんなことがあったってことだけ言いたかった。



そうだね、頑張る。最高の時間でした。



補足
この日興奮しまくってたため、泊めてもらった友人さおぴに話をきいてもらいました。興奮しすぎてる私の話を延々と聴いてくれたさおぴに感謝しかない。